ツリークライミング講習

1月29日、30日 ツリークライミングジャパン(TCJ)ベーシックツリークライマー講習会

1月29日、30日に弊社ツリークライミング練習場にて、約3年前に私が教えて頂いた藤井インストラクターを京都よりお迎えして2日間に渡って講習会を行って頂きました(*´▽`*)

 

受講生は普段から私がお世話になっている仲間の植木屋さんばかり(≧▽≦)

とっても和気あいあいと、楽しくアシスタントをさせて頂きました♪

 

まずは初日、準備体操で木のものまね・モクモク体操~♪

その次にまずは登り方を習って、登ってみる(≧▽≦)

こっからが本題のロープワーク(^^)

植木屋では使わないようなロープワークがほとんどなので体が覚えるまで徹底的に練習してもらいます( ̄▽ ̄)

初日で一通り登れるようになり夜は座学を(^^)体動かした後なので…眠~くなりますね~( ̄ー ̄)Zzz

二日目は2人一組で準備をしてロープシステムを組み登る練習♪

みんなちゃんとセッティングして登ることができました~(≧▽≦)

自分の練習用で以前作っていたリムウォーク練習台(細い枝先へ行けるのがツリークライミングの醍醐味)を使って低い所で練習(^^;)

高いところは恐いのでまずは低い所でゆっくり確実に練習を♪

最後にツリーボートをセットしてみんなに入ってもらいました(*´▽`*)

藤井インストラクター2日間講習をして頂きありがとうございました(*´▽`*)

受講生の皆さん2日間お疲れ様でした~(≧▽≦)

またみんなで練習しましょうね~♪

 

おまけ・・・慣れるとこんなこともできちゃいます(笑)


6月11日~13日 京都南丹市&大阪府高槻市 アーボリストトレーニング研究所 ツリークライミング作業 講習会

6月11日~13日の三日間、京都府と大阪府の2カ所でアーボリストトレーニング研究所のBAT3A(1日)、3B(2日)という講習会のアシスタントに行ってきました(^^)

講師は私のツリークライミングの師匠でもある長野県の樹木医でツリークライミングアーボリスト認定資格をお持ちの宇治田 直弘

 

まだまだ日本では少ないとても安全なツリークライミングという特殊な高所作業技術を広め、少しでも死亡事故、怪我人を減らすため西日本を飛び回っておられます♪

今回は山口→大分→島根→京都だったはず・・・ほんと凄いっす(≧▽≦)

私は今回アシスタントしつつ復習をさせて頂きました(*^▽^*)

BAT3Aは

☆ ヘビーリギング 衝撃荷重と静荷重 力学の理解
☆ ロードの重さと大きさ 落下距離よる衝撃荷重の理解
☆ 強度適格なリギング用ギアの取捨選択
☆ハイアングルおよびヘビーリギング作業時に求められるグランドワーカーの資質とチーム編成
☆スピードラインおよび複数のリギングロープを駆使したより複雑なリギングの実技訓練
☆樹上でのチェーンソーの取り扱い方、取り回しの基本 PPE 特にチェーンソープロテクション、etc・・・

BAT3Bは

☆(復習)BAT-1, 2, 3Aまでの基本的事項についての習得度および熟練度の再確認
☆スパイク装着時のリスクの説明、スパイク装着時に最適または不適なPPE条件
☆スパイク使用時のポジョニングに使用するギアの組み合わせ
☆スパイククライミング樹上訓練(ローアンドスロー)でのスパイク移動の反復訓練
☆断幹作業のためのリギングブロックおよびロードラインの設定訓練
☆各種ノッチNotchの特性と 状況に応じた受け口と追い口の入れ方 使い分けについて
☆断幹作業時に求められるグランドワーカーの資質と役割
☆スパイク断幹作業のためのクライミングとリギング設定の反復訓練
☆大径木や傾斜木の場合等いろいろなカットの手法と手順ロードの大きさの選択について
☆スピードライン等を伴う難易度の高いより複雑な断幹作業時の注意点
☆樹上でスパイク装着時のチェーンソー機種と取り扱い方 小型~大型まで
☆チェーンソーを使った樹上カッティングの訓練 (※初心者は必須訓練としない)

こんな感じの内容で実践練習をしていきます(^^)

 

まずはBAT3A写真

 

BAT3B初日

私も受講生の練習材を作るために登らせて頂きました(^^)左のオレンジが私です♪

樹上からの景色♪

低いところで樹上でのチェーンソーの扱い方(樹上で断幹した丸太を落としたら真っ直ぐ突き刺さりました(笑)) 

低いところでスパイク練習~♪

まずはブロックや制動機を付けずにシンプルな断幹作業(^^)

ブロックと制動機を付けた断幹作業の練習 

受け口を作った後、ブロックを取り付け、カットする材にリギングロープを結び、チェーンソーである程度まで切ってから、のこぎりで木が揺れだすくらいまで追い口を入れていきます。

最後はチェーンソー&のこぎりなどの刃物類は鞘に入れてブロックの真後ろから押し込んでいきます。

こうすることによって足元に潰してはいけないものがあっても傷をつけることなく大きな丸太を吊り下ろすことが可能になります。

他にもさらに複雑なコントロールするスピードライン(真下に落とせない場合でも安全な場所に降ろすことができる)など

受講生の皆さん三日間お疲れ様でした~(*´▽`*)

これからも安全作業で頑張りましょ~(*^▽^*)

講師の宇治田さん、アシスタントのお二人お疲れ様でしたm(__)m


4月19日~21日 京都南丹市 アーボリストトレーニング研究所 講習会

4月19日~21日 京都府 府民の森日吉で行われたアーボリストトレーニング研究所の宇治田トレーナーによるBAT1(2日間)、BAT2講習会(1日)のアシスタントで行かせて頂きました(^^)

昨年は3日目に雨で室内での講習でしたが、今年は3日間とも晴天で最高の講習日和でした(≧▽≦)

 

☆BAT1講習では基本的なDRTツリークライミングテクニックとギアの知識と適切な取り扱い方法を始め、クライミングロープをかけるためのスローラインテクニック、ロープワークにとても重要な結び方、枝先に移動するためのリムウォーク、安全に作業するためのランヤードでのポジショニング、のこぎりなどの刃物の扱い方、そしてアーボリカルチャー(樹木学)という意味合いの言葉です。樹木についての知識や伐採に関すること、また活用方法などを学びます。

☆BAT2講習ではリギング(吊り切り)作業とは、リギングに関する「力学」、リギングロープ各種、ロープ特性と役割の理解、フリクション デバイスとブロックの特性の理解と選択、ライトリギングの基本セッティング、リギング用の各種ノットなどを講習しています。

 

クライミングシステムの説明からスタート

とっても重要なスローラインテクニック!

樹上でのポジショニング・枝先へのリムウォーク

シルキーさん提供のコンペティション用でのこぎりの刃がありません(^^)安心して練習できますね♪

3日目はBAT2でライトリギングの勉強

近藤トレーナーが吊られていますがふざけているわけではありません(^^;)

制動機とリギングブロックの使い方を説明しています。

最後に5人、6人チームに分かれて3日間勉強したことをフルに活用して、木の状態を確認してから切った枝、材をどこに降ろすかなど話し合いをし、クライミングロープをかけ、リギング作業などを実践しました。

受講生の皆さん3日間お疲れ様でしたm(__)m


4月7日、8日 長野県飯田市 JAA(日本アーボリスト協会)カンファレンス

4月7日、8日と長野県飯田市で行われた日本アーボリスト協会の集まりに参加してきました(*^_^*)

ツリークライミングの技術的なことのデモンストレーション、ツリーケアの講義など勉強させて頂きました♪

 

私も今年中にISA(国際団体)のツリーワーカークライマースペシャリストという資格を取得するために試技をさせて頂きました(^^;)

終わってからの先輩クライマーからのアドバイスなどで自分自身の課題を明確化することができたので試験までにさらに技術の向上をしていきたいと思います。

試技を受講する人はピンクのウェアを着ています(^^)

東は福島県、西は山口県と全国各地から来られていて、いろんな情報交換ができるのでとても勉強になり、和気あいあいと楽しい時間を過ごすことが出来ました(*^_^*)

最後に皆さんと握手してまたの再会を約束し帰路につきました♪

参加された皆様お疲れ様でしたm(__)m

 

会場の運動公園にあった桜で、品種はわからないのですがとっても綺麗だったので2品種撮りました(≧▽≦)


2月17日、18日 ATI Tree Knowledge講習

2月17日、18日は愛知県にある中部大学にて、アーボリストトレーニング研究所(ATI)主催で岐阜森林アカデミー副学長でもある、樹木医・川尻秀樹氏による樹木の勉強をしてきました(*^▽^*)

初日は樹木の生態と樹木の同定など、2日目は樹木の診断と評価、危険木の見極め方などの講義でした♪

教本はアメリカにあるISAが出版しているものですべて英語(T_T)もし和訳された教材がなかったら全く理解できなかったかと・・・。

普段の庭木剪定作業もそうですが高木での剪定となるとロープをかける場所の選定などとても重要なので安全かつ確実、そして綺麗な作業をするためにも危険木の見極め方とても勉強になりました(*^-^*)

川尻秀樹氏、ジョンギャスライト氏をはじめスタッフの皆様2日間ありがとうございましたm(__)m

川尻秀樹氏の著書・「読む」植物図鑑 1,2,3,4

https://books.rakuten.co.jp/search/dt/g001/bathr%C0%EE%BF%AC%BD%A8%BC%F9/

 

↓ATIより写真をお借りしましたm(__)m

↓の本は全て英語でなかなかな分厚さです(ーー;)

年数はかかると思いますがこれからもどんどん勉強していこうと思います!!

外での樹木診断、危険木の見極め方などとても勉強になりました(^^)

 
ATI所長で、中部大学の教授もされているジョンギャスライト氏の管理される、森の木達は剪定が行き届いていてとても綺麗な木達ばかりでした(≧▽≦)
私のお客様にもこういった処置、剪定をさらに出来るよう頑張っていこうと思う講義となりました(^^)
 
 

1月20日 ATI 樹上チェーンソー作業講習

今日は愛知県瀬戸市のアーボリストトレーニング研究所に、日帰りでツリークライミングのパートナーIさんと勉強に行き今(22時)帰ってきました(^^;)

樹上でチェーンソーを使い作業をするということは、地面でやるのとは違いポジショニングがとても大事なことと、カッティング方法についてもしっかり学んできました。

低い場所でゆっくり確実に練習。ロー&スロー

ハスクバーナ社とのタイアップだったので先週買ったバッテリーチェーンソーで気になることを沢山聞くことが出来たのでとても良かった(*^▽^*)

まだ国内には10個くらいしかないといわれてるバッテリーのBLi300、現物が見れてなかったので今使ってるBLi200と迷ってたけど付けてみた感じ想定内の重さだったので購入決定♪

やはり5.2Ahと9.4Ah使う時間を考えると少々重くなっても長時間使えるの優先かな(^^;)

ちなみにこれも気になってたバッテリーブロアー♪

STIHL社にもバッテリー式があるのは知らなかったんですが、ハスクバーナの方が間違いなくパワーありました(^^)

そしてハスクバーナの方が小さかった( ̄▽ ̄)ここ重要♪

え~っとトレーナーの近藤さん寒くないのでしょうか・・・この時5度~10度だった気がします( ̄▽ ̄)

18時ごろまでしっかり勉強&質問を沢山させて頂きました♪

ジョン所長をはじめとするトレーナーの皆様1日お世話になりましたm(__)m

そして晩御飯は小牧辺りのPAで味噌カツ定食(≧▽≦)おばちゃんがご飯大盛りにしてくれた♪


施工実績
無料ご相談